部屋さがしお役立ち情報」カテゴリーアーカイブ

最新記事

フローリングにキズがあり賃貸アパートを退去した場合、賃借人の原状回復費用負担割合はどうなるの?

フローリングにキズがあり賃貸アパートを退去した場合、賃借人の原状回復費用負担割合はどうなるの?

賃貸アパートを退去する時、床のフローリングに傷が付いたり、変色して、原状回復費用を請求される場合があります。その場合の費用負担に関する「国土交通省の原状回復ガイドライン」の考え方について紹介します。

1.原状回復義務の対象にならない場合となる場合

フローリングに付いたキズや変色のうち、

(1) 原状回復義務の対象にならない場合

・家具の設置による床・カーペットのへこみ、設置跡

(理由)

・家具保有数が多いという我が国の実状に鑑み、その設置は必然的なものであり設置したことだけによるへこみ、跡は通常の使用による損耗である。

・フローリングの色落ち(日照、建物構造欠陥による雨漏り等で発生したもの)

(理由)

日照は通常の生活で避けられないものである。

構造上の欠陥は賃借人には責任はない(賃借人が通知義務を怠った場合を除く)

(2) 原状回復義務の対象になる場合

・引越作業で生じた引っ掻きキズ

(理由)

賃借人の善管注意義務違反または過失に該当する場合が多い。

・フローリングの色落ち(賃借人の不注意で雨が吹き込んだことなどによる場合)

(理由)

賃借人の善管注意義務違反に該当する場合多い。

2.部分補修の場合

経過年数は考慮せず、部分補修にかかった費用全額を賃借人が負担する。

(理由)

・部分補修を行っても、フローリング全体の価値が高まったと評価できるものではない(つぎはぎの状態)。部分補修の費用全額を賃借人が負担しても賃貸人当該時点におけるフローリングの価値(経年変化や通常損耗による減少を考慮した価値)を超える利益を獲得することにはならない(部分補修の前後でフローリングの価値は同等)ので経過年数を考慮する必要はない。

3.全体を貼り替えた場合

経過年数を考慮し当該建物の耐用年数で残存価値1円となるような直線を想定し負担割合を算定する。

(理由)

・全体を貼り替えることによりフローリング全体の価値が復活するため、当該建物の耐用年数と経過年数(入居年数)を考慮した負担割合を算定する。

※ 建物の構造によって、同じようにフローリングを貼り替えても適用される耐用年数が変わってきます。

当該建物の耐用年数

・木造(住宅用)  22年

・軽量鉄骨造(厚さ3mm~4mm)  27年

・鉄骨鉄筋コンクリート、鉄筋コンクリート造(住宅用) 47年

・重量鉄骨造、鉄骨造  34年

 

《賃借人負担額計算例》

☆構  造   軽量鉄骨造(耐用年数27年)

☆入居年数   4年

☆原状回復費用 150,000円

☆賃借人負担割合 (耐用年数入居年数)/耐用年数

☆賃貸人負担割合 入居年数/耐用年数

 

【賃借人負担額】

= 原状回復費用 × 賃借人負担割合

= 150,000円 × (23年/27年)

=   127,778円

【賃貸人負担額】

= 原状回復費用 × 賃貸人負担割合

=   150,000円 × (4年/27年)

=   22,222円

4.まとめ

(1) 家具の設置による床・カーペットのへこみ、設置跡、日照、建物構造欠陥による雨漏り等で発生したフローリングの  色落ちは原状回復義務の対象にはなりません

(2) 賃借人の善管注意義務違反により発生したキズ原状回復義務の対象になります

(3) 部分補修の場合は経過年数は考慮せず、部分補修にかかった費用全額を賃借人が負担します。

(4) 全体を貼り替えた場合は経過年数を考慮し当該建物の耐用年数で残存価値1円となるような直線を想定し負担割合を算定します。

(5) 建物の構造によって、同じようにフローリングを貼り替えても適用される耐用年数が変わってきます。

 

関連記事

原状回復費用を賃借人が負担する際、「経過年数を考慮しない」とはどういうことですか?

参考情報

原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」(再改訂版)

減価償却資産の耐用年数等に関する省令 別表

 

)

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報, 原状回復 | フローリングにキズがあり賃貸アパートを退去した場合、賃借人の原状回復費用負担割合はどうなるの? はコメントを受け付けていません。

契約時初期費用は何がいくらかかるの?

契約時初期費用は何がいくらかかるの? 

2-12[1]

賃貸借契約を結ぶ時には家賃以外に契約の時にだけかかる費用があります。物件によって違いますが、どんな費用 がかかるか主なものを説明します。

1.契約時にかかる初期費用(連帯保証人を付ける場合)

前家賃

入居する最初の月の家賃です。これはどの物件でもかかります。フリーリントが付いている物件でも家賃が発生する最初の月の家賃を契約時に支払います。

敷金

 賃料の支払い、その他賃貸借契約上の債務を担保するため貸主が預かる預り金です。明け渡しの際、借主に債務不履行がある時はその弁済に充当され、残額が返還されます。沼田市では1ケ月の場合が多く、最近では無しの物件も増えています。

ルームクリーニング代

敷金を預からないかわりに、ルームクリーニング代を契約時に定額で支払う契約がふえています(退去時にはかかりません)。金額は間取りにより2万円(1K)~5万円(2LDK、3DK)です。

礼金

 貸主に住まいを貸してもらう謝意を表すものとして支払われるお金です。退去する時に戻ってきせん。地の取引慣習、周辺の市場動向により変わります。最近は「礼金なし」の物件がほとんどです。

共益費

 階段、廊下等の共用部分の維持管理に必要な光熱費、清掃費用、浄化槽の管理費用等に当てるたの費用です。金額は物件により異なり1500円~5000円位です。物件によりこれらの費用を家賃に込みにしている物件もあります。

駐車料金   

  家賃とは別に駐車料金がかかる物件があります。料金は1台2,000円~3,000円位です。賃の中に含まれているのか確認しましょう。

町内会費 

  

  物件がある地元町内に支払うお金です。金額は月額400円~800円位です。また、地区によ年一括払いの場合もあります。

家財総合保険料 

  入居中に火災、水漏れ、破裂爆発、盗難等の突発的な事故により、借りている部屋を損壊させしまった場合、借主は貸主に対して損害賠償責任を負います。そのため加入を義務付けている物件が殆どです。加入する保険会社、保証限度額により異なりますが10,000円~20,000円位です。通常2年で加入します。更新時にはまた保険料がかかります。

仲介手数料 

 

  不動産会社に支払うお金で家賃の1ケ月分+消費税が上限です。仲介会社と元付け会社(管理会社)が入っている物件でも、借主が支払う仲介手数料の総額は家賃の1ケ月分+消費税が上限で変わりません。

2.契約時にかかる初期費用(保証会社の賃貸保証を付ける場合)

連帯保証人の代わりに借主の債務を担保するために、保証会社の賃貸保証を付けてもらう物件が最近増えています。その場  合、上記費用のほかに「保証料」がかかります。保証料は保証会社、加入プランにより変わってきます。丸井不動産で採用している「ジェイリース株式会社」の場合は以下のとおりです。

(保証料一括支払い型) 

一括保証料  月額総賃料の80%

(保証料毎年支払い型)

初回保証料  月額総賃料の50%(最低保証料20,000円) 

継続保証料(2年目以降) 1年毎に10,000円

(保証料毎月支払い型)

初回保証料  月額総賃料の50%(最低保証料20,000円)

月額保証料  800円

(保証料毎月毎年支払い型)

初回保証料  月額総賃料の30%(最低保証料15,000円)

継続保証料(2年目以降) 1年毎に10,000円

月額保証料  500円

3.まとめ

契約時にかかる主な初期費用は上記のとおりです。ただし、物件によりかかるものは異なります。よく確認しましょう。また、契約時初期費用だけでなく、月々の費用も家賃だけなのか、家賃のほかに「共益費」、「駐車料金」、「町内会費」、「月額保証料」等かかるものはないのか確認しましょう。契約時にはかかりませんが、更新時に「更新料」がかかるかも確認しましょう。

 

関連記事

部屋探しのチェックポイント(家賃以外の入居後費用)

 

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報 | 契約時初期費用は何がいくらかかるの? はコメントを受け付けていません。

間取図で使われる略記号の意味を教えてください

間取図で使われる略記号の意味

RTb[1]

間取図や募集広告で使われる主な略記号とその意味について説明します。

「R」

居住スペースであるリビングルーム(居間)とキッチンの仕切りが無いタイプ。1Rなど。

「K」

キッチン台所を意味します。一般的にはリビングルームと仕切られており、4畳以下程度の部屋であればキッチン「K」と表記します。食事をするためのテーブルを設置するスペースは無い程度の部屋です。

「D」

ダイニングルーム、つまり食事をする部屋、場所を指します。4~8畳程度までの大きさの部屋で、通常はキッチンと一緒になっていてダイニングキッチン「DK」と表記されます。

「L」

リビングつまり「居間」を指します。

「LDK」

リビング゛・ダイニング・キッチンの略です。居間・食事場所・台所が一体になった部屋を指します。

「S」

サービスルーム、つまり「納戸」を指します。物件情報で「2LDK+S」のように表示されることがあります。建築基準法上は「有効採光」が基準に達していない部屋ということになりますが、書斎やクローゼット代わりに使うことができます。また、部屋の大きさ、明るさ、通気性等が問題なければ居住空間として使うこともできます。

「UB」

 ユニットバスの略称です。ユニットバスとは、バス(浴槽)と床、壁、天井などが建設現場で簡単に組み立てられるように製造されたものをいいます。

「CL」

  クローゼットの略です。一般的には洋室や廊下に設置されている扉付きの収納スペースで、ハンガーを掛けられる収納を指します。ハンガーを掛けられない収納スペースは「押入」と表記することが多いようです。

「WCL」

 人が歩いて入れるほどの大きな収納部屋を指します。生活スペースとしては使用できない程度の大きさであるため、サービスルーム「S」とは区別しています。

「AC」

 エアコンの略です。

「CF」

 クッションフロアーの略です。床の表面にビニール製のマットが敷いてあることを指します。表面が柔らかいため、軽量なものを落とした時の衝撃音が軽減されます。また、耐水性に優れキッチンやトイレなどの水回りに使用されることが多いですが、熱に弱いです。

「PS」

 パイプスペースの略です。水道管や排水管、ガス管等が配管される場所を指します。

「SB」

 シューズボックスの略です。

「WC」

トイレの略です。

「W」

  洗濯機設置スペースを指します。

「R」

冷蔵庫設置スペースを指します。

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報 | 間取図で使われる略記号の意味を教えてください はコメントを受け付けていません。

ペット可物件を借りる時、どこに注意したらいいの?

ペット可物件を借りる時の注意点

097ca13ade6901d85b40a74d66925117_t[1]

最近、ペット可物件を探す人が増えていますがペット可物件の数は少ないのが現状です。ペット可物件を探す時の注意すべき点について紹介します。

1.ペット可物件の種類は二種類

「ペット可物件」といっても大きく2つに分かれます。

一つは建築時はペット不可だった物件を、建物が古くなり入居促進するために「途中からペット可にした物件」

もう一つは建築する時からペットと共生できるように「足洗い場」、「専用トビラ」等が設置された「ペット共生型物件」です。

2.ペット可物件を探す時の注意点

ペット可物件を探す時は普通の賃貸物件を探す場合より事前に確認しておくべき注意点があります。次の点に注意が必要です。

➀ 飼えるペットの種類と数は物件により異なる

ペット可物件といっても飼える種類物件により異なります。

例えば

(1) 犬は飼えるがネコは壁をキズつけるからダメ。

(2) 犬・ネコは飼えるがは虫類はダメ

(3) 小型犬は飼えるが中型犬・大型犬はダメ

(4)1匹までは飼えるが2匹以上はダメ

飼えるペットの種類と数を不動産業者に確認しましょう。

② ペット可物件は初期費用が割高になる

ペット可物件は(1)退去後の消臭作業などのクリーニング、(2)ペットによる壁等のキズの修理等が必要になるため、契約時に支払うルームクリーニング代、預ける敷金が普通の物件より高くなります。また、家賃も普通の物件よりやや高めの場合が多いです。

③ 動物病院が近くにあるか

ペットが病気になったりケガをした時のことを考えて、近くに動物病院があるか確認しておきましょう。

3.ペット共生型物件がおすすめ

賃貸アパートでペットと暮らす場合

(1)  ペットの泣き声や臭いによる近隣入居者とのトラブル

(2) ペットを室内で飼うことによる床や壁のキズの発生

(3) 退去後のクリーニング費用の発生

 などの問題が発生するリスクがあります。そして、途中からペット可に切り替えた物件の場合これらのリスクに対応していない場合がほとんどです。

以上の問題点は最初からペットを飼育する前提で建てられた「ペット共生型物件」ならペットも飼い主も快適に暮らすことが出来ます。

ペット共生型物件には一般的に次のような設備があります。(物件により付いている設備は異なります)

➀ 足洗い場

大型犬など外での散歩が必須のペットには部屋を汚さないための必須の設備。

IMG_9167

② ドッグラン

犬を自由に遊ばせるスペースです。あると便利です。

IMG_5184

③ リードフック

手がふさがっている時、ペットを一時的につないでおくためのフック。玄関や共用部にある場合が多い。

IMG_6380

④ ペットくぐり扉

室内のドアを閉めていてもペットが自由に部屋を移動できる扉。

IMG_6374

⑤ キャットウォーク

ジャンプして飛び乗るのが好きなネコのためのものです。

01-2[1]

⑥ ペット対応クロス

ネコや犬の爪による引っかき傷や汚れに強いクロス仕様です。

 

4.ペット可物件に住む時の注意点

ペット可物件といっても住んでいる人がペット好きな人ばかりではありません。ペットアレルギーの入居者がいることもあります。近隣の入居者とトラブルなく暮らすために次ぎのことに注意しましょう。

➀ 近隣の入居者に必ず挨拶をする。

住む部屋の上下、左右は必ず引越の挨拶をしましょう。その時、「ペットがいる」ことも伝えましょう。事前に伝えておくことでクレームが格段に少なくなります。

② 共用スペースではペットを自由にさせない。

入居者の中には動物が嫌いな人もいます。以下の点に気をつけましょう。

1.犬を散歩させる時、共用スペースでは抱き抱える。

2.リードは出来るだけ短く持つ。

3.人が少ない時間帯に散歩をずらす。

4.ネコを外に連れ出す時は、ペット用キャリーゲージに入れ飛び出さないようにする。

③ フンの処理は自治体によって異なるので確認する。

燃やせるゴミで出すのか、生ゴミで出すのか確認する。

 

ペット可物件は こちら。

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報 | ペット可物件を借りる時、どこに注意したらいいの? はコメントを受け付けていません。

不動産広告はどこに注意して見ればいいの?

不動産広告を見る時の注意点

IMG_0395

不動産広告には消費者保護を目的とし、その表示方法についていくつかの規制があります。➀宅地建物取引業法による規制と公正取引委員会の認定を受けた業界の自主規制である②「不動産の表示に関する公正競争規約」(以下「表示規約」)による規制です。

 

不動産広告の基本的な規約

宅地建物取引業法」では誇大広告の禁止広告開始時期の制限などが定められています。また、表示規約」では「不動産広告に表示しなければならない事項」「表示する際の基準」が定められています。以下、基本的な規約について見ていきましょう。

img5_2_1[1]

1.所在地

新聞、雑誌広告などでは地番は省略されることがあります。地番とは登記記録(登記簿)に表示された地番のことで、一般的に使われる住居表示の番号とは異なる場合があります。

2.駅等までの距離

徒歩による所要時間は、駅からの道路距離80mを1分(端数切り上げ)として計算します。信号の待ち時間や歩道橋の上り下り、坂道、道路の横断などにかかる時間は考慮されていません。

3.専有面積

㎡単位で延べ床面積が表示されます。バルコニーや室内の天井を高くして2層式にした屋根裏収納(グルニエ)などは面積に入りません。

4.間取り

間取りを表す場合、2LDKなどの表示がよく使われます。数字居室の数を表し、リビングダイニング、キッチンを表します。建築基準法では居室には採光や換気のための一定の開口が必要と定められているので、それを満たさない部屋は納戸()やサービスルーム()と表示されます。また、部屋の広さを示す1畳は1.62㎡以上で換算すると定めています。

5.構造と階数、賃貸戸数

賃貸住宅の建物の構造としては鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)鉄筋コンクリート造(RC造)鉄骨造(S造)、軽量鉄骨造、木造などがあります。SRC造、RC造、S造はマンション、その他の構造はアパートと呼ばれています。一般的にはマンションのほうが耐火性、耐震性、遮音性が高いといわれています。

階数については建物全体の階数該当する住戸の階数が記載されています。

6.建築年月

建物が竣工した年月が表示されます。 まだ入居者が入居していない物件でも建築後1年以上経過していると「中古」と表示されます。

7.賃料、礼金、敷金など

毎月支払わなくてはいけない賃料のほか、「礼金」、「敷金」など必要な場合は、その旨その額が記載されます。「敷金」について退去時に一部が返還されないことが契約の条件である場合は、その旨とその額または割合が記載されます。

8.管理費(共益費)

賃料以外に管理費(共益費)が必要な場合、その額が記載されます。

9.損害保険加入の有無

住宅総合保険等の損害保険への加入が条件となる場合、その旨が記載されます。

10.駐車場の利用条件

駐車場がある場合、月額の駐車場利用料などの利用条件が記載されます。

11.定期建物賃貸借契約かどうか

定期建物賃貸借契約である場合は、その旨と契約期間が記載されます。

関連記事

普通借家契約と定期借家契約の違いと特徴は?

12.取引態様

広告を掲載している不動産会社の立場(取引態様)が必ず明示されます。不動産会社の取引態様によって、仲介手数料などの取り扱いが変わります。

関連記事

取引態様が違うと何が違うの?

媒介(仲介)

広告主である不動産会社が、「貸主」と「借主」の間に立って契約を仲介します。

代理

広告主である不動産会社が、「貸主」の代理人として契約します。

貸主

広告主である不動産会社が、自ら所有する物件を直接貸します。

13.免許番号

不動産会社名と免許番号が記載されます。不動産取引(宅地建物取引業)に必要な免許を受けているかどうか確認しましょう。(  )内の数字は 免許の更新回数を表し、数字が大きいほど営業年数が長いことを表します。

14.取引条件の有効期限、情報更新日時等

賃貸物件は売買物件に比べると短期間で決まることが多く、条件のよい物件は早く入居が決まる傾向があります。取引条件の「有効期間」「情報更新日」を確認しましょう。

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報 | 不動産広告はどこに注意して見ればいいの? はコメントを受け付けていません。

取引態様が違うと何が違うの?

取引態様が違うと何が違うの?

6-221[1]

不動産会社が取引を行う上での立場を示すものが「取引態様」です。取引態様により法規制や契約までの手続き、仲介手数料が変わってきます。この違いについて紹介します。

1.取引態様の違いと法規制・実務上の取り扱い

「取引態様」とは不動産業者が取引を行う上での立場を表します。「媒介(一般的には仲介)」「代理」「貸主」の3つがあります。取引態様により、次のような法規制や実務上の取り扱いに違いがでてきます。

媒介(仲介)

不動産会社が貸主と借主の間に立ち、契約成立のために業務を行う場合。

宅地建物取引業法の規制  あり

重要事項説明   義務あり

仲介手数料    一般的に必要

代理

不動産業者が貸主の代理人として募集や契約等手続きを行う場合。

宅地建物取引業法の規制  あり

重要事項説明   義務あり

仲介手数料    必要ない(発生しない)

貸主

不動産会社が自ら所有する物件を賃貸する場合

宅地建物取引業法の規制  なし

重要事項説明   義務なし

仲介手数料    必要ない(発生しない)

2.取引態様の違いと仲介手数料の取り扱い

媒介(仲介)・代理の場合

媒介(仲介)の場合は、

不動産会社が貸主と借主の間に立ちね契約条件の調整を行いますので、借主に仲介手数料が必要になることが多いです。尚、仲介手数料には上限があり、複数の不動産業者が入っても仲介手数料の上限は変わりません。

代理の場合は、

不動産会社が貸主の立場で契約にむ向けた手続きを行うため、基本的には借主に仲介手数料は発生しません。

貸主の場合

不動産会社が自ら貸主になるので発生しません(必要ありません)。

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報 | 取引態様が違うと何が違うの? はコメントを受け付けていません。

インターネット無料の賃貸アパートを借りる時の注意点!

インターネット無料の賃貸アパートを借りるメリット・デメリット

lower_mainvisual_pic_internet[1]

全国賃貸住宅新聞が毎年、調査集計し発表する「賃貸住宅入居者に人気設備ランキング」で「インターネット無料」ファミリー向け物件で3年連続1位単身者向け物件で4年連続1位と入居者に人気の設備です。「インターネット無料」でお得なイメージですが、借りる時のメリット、ディメリットについてまとめてみました。

1.インターネット対応物件と完備物件の違い

① インターネット対応物件とは

インターネット対応物件とは、アパートやマンションの共有部分まで回線工事が済んでいる物件です。回線が共有部分までしかないため、インターネットをする場合はプロバイダに連絡して部屋までの工事をしてもらう必要があります。そして、その工事費は入居者が負担しなければいけません。また、工事が始まるまで数日かかるため、入居してすぐ使いたい場合はあらかじめ申し込んでおく必要があります。

② インターネット完備物件とは

インターネット完備物件とは、インターネット対応の状態に加え、すでにプロバイダとの契約が済んでいる物件です。LANケーブルとパソコンを繋げば、入居後すぐにインターネットが利用できます。回線工事やプロバイダとの契約は貸主が一括してして済ませてあるので入居者は不要です。毎月の使用料も貸主が払うので入居者は請求されません。

2.インターネット無料物件のメリット

このようにお得なインターネット無料物件ですが、そのメリットをみていきます。

① 月々のインターネット使用料がかからない

プロバイダ料金は普通、月額4,000円~6,000円かかりますが、「インターネット無料」物件では当然これらの料金がかかりません。

② 回線工事(プロバイダとの契約)不要で入居した日からインターネットが使える

「インターネット無料」物件は、回線工事やプロバイダとの契約を貸主がすでにしているので入居した日からインターネットを使うことができます。

③ 解約時の違約金がかからない

プロバイダによって、契約してから2年または3年以内に退去等で解約すると、違約金が2万円前後とられる場合があります。また、最初の工事費を分割で支払っている場合は、残りの期間に分割払いする予定だった工事費も違約金と一緒に支払わなければいけません。しかし、「インターネット無料」物件の場合、違約金も残っている工事費も支払う必要はありません。

3.インターネット無料物件のデメリット

「インターネット無料」物件は上記のメリットがあり一見お得なように思えますが、次のデメリットがある場合があります。

① 回線速度が遅いことがある

「インターネット無料」物件の場合、建物全体で同じ回線を契約している場合がほとんどであるため、複数の入居者が同時に高画質動画を見た場合、回線速度が遅くなる場合があります。

② セキュリティが万全でない場合がある

パスワードが必要ない、入居者共通のWi-Fiがある場合は、個人情報が漏れてしまう可能性があります。他の入居者がWi-Fi経由で他人の検索履歴などを盗み見ることが可能です。

③ プロバイダを選べない

「インターネット無料」物件では、あらかじめ契約されている回線、プロバイダを利用するので、好きな回線やプロバイダを選ぶことができません。

④ 近隣の家賃相場に比べ高い場合がある

表面上「インターネット使用料は無料」ですが、家賃や共益費(管理費)に含まれている場合があります。近隣の類似物件と比べ高くないか確認しましょう。

 

4.まとめ

「インターネット無料」物件には以上のメリット、デメリットがあります。ネットユーザーにより「インターネット無料」物件が良いのかどうか変わってきます。 次の点を物件選びの参考にしてください。

①「インターネット無料」物件をおすすめする場合

簡単な調べものしかしない

ネットショッヒングでインターネットを使う

短い動画や簡単な画像を見るだけ

②「インターネット無料」物件をおすすめしない場合

処理が複雑なネットゲームをする

映画など長い動画を観る

仕事でデータをやりとりする

インターネットを使う時間帯が主に深夜

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報, 空室対策 | インターネット無料の賃貸アパートを借りる時の注意点! はコメントを受け付けていません。

賃貸住宅退去時の原状回復とはどういうことですか?

賃貸住宅退去時の原状回復とはどういうことですか?

kazokudanran[1]

建物賃貸借契約では一般的に賃借人は退去時、物件を「原状に回復して」明け渡さなければならない旨が規定されています。この原状回復義務に基づいて、その範囲や金額をめぐってトラブルがよく発生します。裁判所の考え方および、国土交通省が 出している賃貸住宅の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」(再改訂版)の考え方について紹介します。

1.賃貸住宅の原状回復とは

《裁判所の考え方》

「原状回復」とは①建物の通常損耗分をもとの状態に回復するのではなく、②賃借人の故意、過失等による劣化の回復を意味するとの判断を示してきました。賃貸借契約の対象となる建物の価値は、時間の経過とともに減少するものであり、賃借人が物件を定められた使用方法に従って、社会通念上通常に使用していれば、賃貸借契約終了時に当初の状態よりも建物の価値が減少していたとしても、そのまま賃貸人に返還すればよい、という考えかたに基づいています。

建物の通常損耗分は、賃貸人としては建物の減価が進行する過程で減価償却費や修繕費等の必要経費分を賃料に含めて支払いを受けて回収してきているので、原状回復の対象となるのは、「賃借人の故意・過失等による劣化分」ということです。

《ガイドラインの考え方》

ガイドラインでは裁判所の考え方を取り入れ、建物の損耗等、建物価値の減少を

➀-A

建物・設備の自然的な劣化・損耗等(経年変化)                               

➀-B

賃借人の通常の使用により生ずる損耗等(通常損耗)                           

(1)賃借人の故意・過失、善管注意義務違反

(2)その他通常の使用を超えるような使用による損耗等

に区分しています。

そして原状回復とは

「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、②(1)「賃借人の故意・過失、善管注意義務違反」、(2)「その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義しています。

すなわち

(1) 賃借人の故意・過失・善管注意義務違反、その他通常の使用方を超えるような使用による損耗等については「賃借人が負担すべき費用」。

賃借人の故意・過失・善管注意義務違反の具体例

(手入れを怠ったもの)

クッションフロアーのしみ、汚れ

台所のスス

生い茂った雑草

(用法違反)

引っ掻きキズ

ガラス、建具の破損

(不注意によるもの)

壁、クロスのキズ

クッションフロアーのキズ、汚れ

フローリングの色落ち

フローリングの焼け焦げ

通常の使用方法を超えるような使用による損耗の具体例

(通常の使用とはいえないもの)

タバコによる黄ばみ、汚れ

壁に穴

それに対して

(2) ①-A「建物・設備等の自然的な劣化・損耗等(経年変化)及び、①-B賃借人の通常の使用により生ずる損耗等(通常損耗)については、「賃貸人が負担すべき費用」としています。 

また、

(3) 次の入居者を募集するために行う設備の交換、化粧直しなどのリファーム(グレードアップ工事)は、➀-A(経年変化)及び、➀-B(通常損耗)の修繕であり、賃貸人が負担すべき費用」であるしています。

sonmou[1]

参考情報

原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」(再改訂版)

関連記事

どんな場合に原状回復義務があるの?

原状回復費用の賃借人が負担する範囲と経過年数の考慮はどうするの?

 

 

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報, 原状回復 | 賃貸住宅退去時の原状回復とはどういうことですか? はコメントを受け付けていません。

部屋探しのチェックポイント(入居者タイプ別)

部屋探しのチェックポイント(入居者タイプ別)

IMG_6909

部屋探しの際、「家賃」、「間取り」、「広さ」、「設備」等の希望条件があると思います。さまざまな希望条件がある中で優先順位をつけて部屋探しをします。「部屋探しのときには重視していなかったが、実は重要だった」ことについてアンケート調査があります。調査結果は以下のとおりです。

1.部屋探しで重視すべきこと(一人暮らし編)

(部屋探しで重視したポイント)

1位   家賃        78.0 %

2位   駅からの距離            48.5 %

3位   間取り       43.5 %

(重視しなかつたが実は重要だったポイント)

1位   防音性(遮音性)   11.7 %

2位   日当たり      10.6 %

3位   周辺施設、環境    7.2 %

(主な声)

防音性 

「隣の話し声が丸聞こえ」(30歳・男性)

・上の階の物音や足音がよく聞こえるのでもっと調べておけばよかった」(34歳・女性)

日当たり 

  

 ・「日当たりは、気分も左右されるので重要だった」(30歳・女性)

・「日当たりが悪いので部屋がジメジメしてカビが生えやすい」(38歳・男性)

※ スーモが2017年9月22日~25日に全国の賃貸住宅に住む20~39歳の一人暮らしの社会人シングル200名にインターネットで実施したアンケート調査データより。

 

2.部屋探しで重視すべきこと(同棲編)

 (部屋探しで重視したポイント)

1位   家賃         83.0 %

2位   間取り        61.5 %

3位   駅からの距離     55.0 %

(重視しなかったが実は重要だったポイント)

1位   収納         13.4 %

2位   防音性(遮音性)     10.8 %

3位   日当たり                       8.1 %

(主な声)

収納

・「自分の物だけでなく、夫の物が予想以上にあり、収納は大事だと思った」(30歳・女性)

・「結婚生活も長くなると、どんどん物が増えてきて、収納場所がなくなってくる」(38歳・女性)

防音性

・「夜遅く2人で話すことが多く、かつ声が大きいので、隣の部屋に迷惑にならないためにも防音性の高さは重要だったかなと思う。 」(26歳・男性)

・「マンションに住んだのが初めてで、周りの生活音は思った以上に気になるものだと実感」 (31歳・女性)

※ スーモが2017年9月22日~25日に全国の賃貸住宅に住む20~39歳の社会人同棲カップルまたはINKS200名にインターネットで実施したアンケート調査データより。

 

3.部屋探しで重視すべきこと(子育て夫婦編)

 (部屋探しで重視したポイント)

1位   家賃         82.5 %

2位   間取り                        63.5 %

3位   駅からの距離               42.5 %

(重視しなかつたが実は重要だったポイント)

1位   収納         11.6 %

2位   防音性        11.6 %

3位   水回りの設備      6.6 %

     セキュリティー         6.6 %

(主な声)

収納

・「子どものものがどんどん増えて、部屋が物であふれかえっている」(37歳・女性)

防音性

・「子どもが生まれて、泣き声や暴れたときの足音など、筒抜けではないかと心配 」(29歳・女性)

・「子どもが飛んだり跳ねたりするため、防音性の高い構造かどうかは重要だった」 (32歳・男性)

※ スーモが2017年9月22日~25日に全国の賃貸住宅に住む20~39歳の社会人子持ち夫婦200名にインターネットで実施したアンケート調査データより。

4.まとめ

いずれの入居者タイプでも「部屋探しの段階では重視していなかったが実は重要だったポイント」として「収納」「防音性」があげられています。

1.「収納」については物件の見学の時、自分達の荷物の量と種類から、収納スペースが十分かチェックしましょう。

2.集合住宅で音の伝わりを遮断する遮音性能を要求される場所は「外壁」、「開口部・窓」、「内壁」、「床」です。建物の構造、間取り、仕様、立地等により音(騒音)の伝わり方は変わってきます。

3.「防音性」については物件情報の収集、物件の見学の際は以下の点に注意しましょう。

➀ 建物構造による床の遮音性能は一般的には「鉄筋コンクリート(RC)造」「鉄骨造」 在来木造の順に高くなっています。

② 隣の部屋と壁で接する部分が少なく部屋どおしが離れている中階段タイプか、また角部屋か確認しましょう。

③ 周辺に幹線道路、学校、幼稚園等の人が集まる場所が近くに無いか確認しましょう。

④ 過去に音のトラブルが無かったか不動産業者に確認しましょう。

関連記事

防音性(遮音性)の高い物件を探したいのですが、どこに注意したらいいの?

部屋探しのチェックポイント(家賃以外の入居後かかる費用の違い)

以上、部屋探しする際の参考にしてください。

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報 | 部屋探しのチェックポイント(入居者タイプ別) はコメントを受け付けていません。

家具・家電付き賃貸物件を借りるメリット、デメリット、注意点

家具・家電付き賃貸物件を借りるメリット、デメリット、注意点

request[5]

仕事の都合で短期間賃貸物件を借りたい場合、家具・家電を揃えるのは費用がもったいないと感じる人もいると思います。家具・家電付き物件は新生活をスタートする際の初期費用を抑える一つの選択肢です。家具・家電付き賃貸物件を借りるメリット、ディメリットについてまとめてみました。

1.家具・家電付き賃貸物件とは

家具・家電付き賃貸物件はあらかじめベット、テレビ、エアコン、机(テーブル)、照明、カーテン、洗濯機、冷蔵庫、コンロ、電子レンジ等が備え付けられています(物件により付いている家具、家電は異なります)。間取りは単身者向けのワンルームが多いです。

request[5] (3)

ベット

request[2] (3)

テレビ、エアコン、カーテン

request[5]

机(テーブル)

照明

request[1] (2)

コンロ(ラジエントヒーター)

request[1]

洗濯機

request[6] (2)

冷蔵庫、電子レンジ

 2.家具・家電付き賃貸物件のメリット

家具・家電付き賃貸物件を借りた場合、次のメリットがあげられます。

➀ 初期費用が節約できる

家具・家電付きの場合、新生活をスタートする際、揃えなければいけない家具・家電を揃えなくても済むので、初期費用が節約できます。

② 手軽に新生活がスタートできる

家具・家電付きの場合、自分で家具・家電を買い揃え、部屋に設置する必要が無く。入居した日から快適な生活をスタートすることが出来ます。

③ 引越が楽

家具・家電付きの場合、家具・家電を選び、運搬、設置する必要がないので、その時間、労力、引越費用を節約できます。引越の荷物も自分の身の回りのもものだけで済むので引越が楽です。

3.家具・家電付き賃貸物件のディメリット

一方、家具・家電付き賃貸物件を借りた場合、次のディメリットがあげられます。

➀ 自分好みの家具・家電を選べない

備え付けですので自分好みの家具や家電を選ぶことはできません。その点は自分の希望があっても抑えなければいけません。しかし、注意したいのは備え付けのベットの大きさと固さが自分に合っているかは、現地見学の際に見落とさないようにしましょう。入居後の睡眠、休息に影響してきます。

② 一度他人が使った家具・家電(中古品)である

備え付けられている家具・家電は新築物件でない限り、一度他人が使った中古品を使うことになります。他人が一度使ったものに抵抗感がある方にはおすすめ出来ません。

③ 家賃は高めである

家具・家電が備え付けになっているため、その分、家賃が高めの設定になっています。自分で家具・家電を揃えた場合にかかる費用と、家賃が高くなる分を入居期間で比較検討することをおすすめします。

4.家具・家電付き賃貸物件を借りる時の注意点

以上のメリット、ディメリツトのある「家具・家電付き賃貸物件」ですが次の点に注意しましょう。

➀ 備え付けられている家具・家電は物件により異なります。

何が付いていて何を自分で用意しなければいけないか確認しましょう。

② 備え付けの家具・家電が故障した場合、その修理費用は貸主、借主どちらの負担になるのか契約前に確認しましょう。

一般的には通常使用による故障の場合は貸主負担。借主の故意、過失による故障の場合は借主負担です。

③ 入居予定期間を考慮して家具・家電付き賃貸物件がいいのかどうか検討しましょう。

入居期間が短い場合、自分で家具・家電を揃えるより家具・家電付きの部屋を借りたほうが費用を抑えることが出来ます。家具・家電付き賃貸物件のメリット、ディメリットも考慮してどちらがよいか検討しましょう。

 

5.沼田市内の家具・家電付き賃貸物件は

こちら。

 

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報 | 家具・家電付き賃貸物件を借りるメリット、デメリット、注意点 はコメントを受け付けていません。

次ページへ »

最新記事