月別アーカイブ: 2019年9月

契約時初期費用は何がいくらかかるの?

契約時初期費用は何がいくらかかるの? 

2-12[1]

賃貸借契約を結ぶ時には家賃以外に契約の時にだけかかる費用があります。物件によって違いますが、どんな費用 がかかるか主なものを説明します。

1.契約時にかかる初期費用(連帯保証人を付ける場合)

前家賃

入居する最初の月の家賃です。これはどの物件でもかかります。フリーリントが付いている物件でも家賃が発生する最初の月の家賃を契約時に支払います。

敷金

 賃料の支払い、その他賃貸借契約上の債務を担保するため貸主が預かる預り金です。明け渡しの際、借主に債務不履行がある時はその弁済に充当され、残額が返還されます。沼田市では1ケ月の場合が多く、最近では無しの物件も増えています。

ルームクリーニング代

敷金を預からないかわりに、ルームクリーニング代を契約時に定額で支払う契約がふえています(退去時にはかかりません)。金額は間取りにより2万円(1K)~5万円(2LDK、3DK)です。

礼金

 貸主に住まいを貸してもらう謝意を表すものとして支払われるお金です。退去する時に戻ってきせん。地の取引慣習、周辺の市場動向により変わります。最近は「礼金なし」の物件がほとんどです。

共益費

 階段、廊下等の共用部分の維持管理に必要な光熱費、清掃費用、浄化槽の管理費用等に当てるたの費用です。金額は物件により異なり1500円~5000円位です。物件によりこれらの費用を家賃に込みにしている物件もあります。

駐車料金   

  家賃とは別に駐車料金がかかる物件があります。料金は1台2,000円~3,000円位です。賃の中に含まれているのか確認しましょう。

町内会費   

  物件がある地元町内に支払うお金です。金額は月額400円~800円位です。また、地区によ年一括払いの場合もあります。

家財総合保険料 

  入居中に火災、水漏れ、破裂爆発、盗難等の突発的な事故により、借りている部屋を損壊させしまった場合、借主は貸主に対して損害賠償責任を負います。そのため加入を義務付けている物件が殆どです。加入する保険会社、保証限度額により異なりますが10,000円~20,000円位です。通常2年で加入します。更新時にはまた保険料がかかります。

仲介手数料  

  不動産会社に支払うお金で家賃の1ケ月分+消費税が上限です。仲介会社と元付け会社(管理会社)が入っている物件でも、借主が支払う仲介手数料の総額は家賃の1ケ月分+消費税が上限で変わりません。

2.契約時にかかる初期費用(保証会社の賃貸保証を付ける場合)

連帯保証人の代わりに借主の債務を担保するために、保証会社の賃貸保証を付けてもらう物件が最近増えています。その場  合、上記費用のほかに「保証料」がかかります。保証料は保証会社、加入プランにより変わってきます。丸井不動産で採用している「ジェイリース株式会社」の場合は以下のとおりです。

(保証料一括支払い型) 

一括保証料  月額総賃料の80%

(保証料毎年支払い型)

初回保証料  月額総賃料の50% 

継続保証料(2年目以降) 1年毎に10,000円

(保証料毎月支払い型)

初回保証料  10,000円

月額保証料   月額総賃料の2%

3.まとめ

契約時にかかる主な初期費用は上記のとおりです。ただし、物件によりかかるものは異なります。よく確認しましょう。また、契約時初期費用だけでなく、月々の費用も家賃だけなのか、家賃のほかに「共益費」、「駐車料金」、「町内会費」、「月額保証料」等かかるものはないのか確認しましょう。契約時にはかかりませんが、更新時に「更新料」がかかるかも確認しましょう。

 

関連記事

部屋探しのチェックポイント(家賃以外の入居後費用)

 

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報 | 契約時初期費用は何がいくらかかるの? はコメントを受け付けていません。

中古資産(賃貸アパート等)を取得した場合、耐用年数はどう計算するの?

中古資産(賃貸アパート等)を取得した場合の耐用年数の計算方法

IMG_4304

 

賃貸アパート等の中古資産を取得して事業の用に供した場合、耐用年数はどう計算するのでしょうか。その計算方法について解説します。

1.耐用年数の計算方法

中古資産を取得して事業の用に供した場合、その資産の耐用年数は法定耐用年数ではなく取得後の使用可能年数を見積もって耐用年数とします。

ただし、その中古資産を事業の用に供するために支出した金額が、その中古資産の再取得価額(中古資産と同じ新品のものを取得する場合のその取得価額)の50%を超える場合は、法定耐用年数を適用します。

また、使用可能期間の見積もりが困難である場合は、次の簡便法により算定した年数によることができます。

① 法定耐用年数の全部を経過した資産

法定耐用年数 × 0.2 = 耐用年数

② 法定耐用年数の一部を経過した資産

法定耐用年数-経過年数+(経過年数×20%)   = 耐用年数

これらの計算により算出した年数が2年未満となる場合2年とし、その年数に1年未満の端数があるときその端数は切り捨てます。

2.耐用年数の計算例

法定耐用年数30年

経過年数10年

の中古資産を簡便法により計算した耐用年数

(1) 法定耐用年数から経過年数を差し引いた年数

30年-10年=20年

(2) 経過年数10年の20%に相当する年数

10年×20%=2年

(3) 耐用年数

20年+2年=22年

 

参照情報

国税庁 No.5404 中古資産の耐用年数

関連記事 

既存の減価償却資産(賃貸アパート等)に資本的支出をした場合の償却方法を教えてください。

 

カテゴリー: 税務 | 中古資産(賃貸アパート等)を取得した場合、耐用年数はどう計算するの? はコメントを受け付けていません。

賃貸不動産経営管理士ってどんな資格ですか?

賃貸不動産経営管理士ってどんな資格ですか?

IMG_5786

近年、賃貸不動産の管理、運営は複雑化し専門的知識、対応が求められるようになってきました。そのような状況の中、平成19年に賃貸不動産管理の専門家の資格である「賃貸不動産経営管理士」資格制度がスタートしました。「賃貸不動産経営管理士」とはどういう人なのか解説します。

1.賃貸不動産経営管理士とは

img_about_kanrishi[1]

賃貸不動産経営管理士は賃貸不動産の管理業務に関する幅広い知識を体系的に学習し、賃貸不動産管理の専門家としいて認められた資格です。賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律(以下、法律)」(令和2年法律第60号)で、賃貸住宅管理業務を行ううえで義務付けられている「業務管理者」の要件とされた法体系に基づく国家資格です。

2.賃貸不動産経営管理士の役割

国土交通省告示「賃貸住宅管理業者登録制度」において賃貸不動産経営管理士に以下の役割が付与されています。

(1)「業務管理者」として賃貸不動産経営管理士が行う業務

① 法第13条の規定による説明及び書面の交付に関する事項(重要事項説明及び書面の交付)

② 法第14条の規定による書面の公布に関する事項(管理受託契約書の交付)

③ 賃貸住宅の維持保全の実施に関する事項及び賃貸住宅に係わる家賃・敷金・共益費その他金銭の管理に関する事項

④ 法第18条の規定による帳簿の備え付けに関する事項

⑤ 法第20条の規定による定期報告に関する事項(オーナーへの定期報告)

⑥ 法第21条の規定による秘密の保持に関する事項

⑦ 賃貸住宅の入居者からの苦情処理に関する事項

⑧ 前各号に掲げるもののほか、賃貸住宅の入居者の居住の安全及び賃貸住宅の賃貸に係わる事業の円滑な実施を確保するため必要な事項として国土交通大臣が定める事項

(2)「賃貸住宅管理業者」として賃貸不動産経営管理士が行う業務

① 特定賃貸借契約の締結時における重要事項説明

② 長期修繕計画の策定などのオーナー提案等

賃貸オーナーの資産を守り、入居者には安心・安全な住環境を提供することが賃貸不動産経営管理士の役割として求められています。

賃貸不動産経営管理士に関する詳しい内容は

こちら。

3.株式会社丸井不動産には賃貸不動産経営管理士在籍しています

 

株式会社丸井不動産には賃貸不動産経営、管理の専門家「賃貸不動産経営管理士」在籍しています。賃貸不動産経営、管理の専門家として、適切な建物管理と入居者からのトラブルに対応しています。

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報, 空室対策 | 賃貸不動産経営管理士ってどんな資格ですか? はコメントを受け付けていません。

ペット可物件を借りる時、どこに注意したらいいの?

ペット可物件を借りる時の注意点

097ca13ade6901d85b40a74d66925117_t[1]

最近、ペット可物件を探す人が増えていますがペット可物件の数は少ないのが現状です。ペット可物件を探す時の注意すべき点について紹介します。

1.ペット可物件の種類は二種類

「ペット可物件」といっても大きく2つに分かれます。

一つは建築時はペット不可だった物件を、建物が古くなり入居促進するために「途中からペット可にした物件」

もう一つは建築する時からペットと共生できるように「足洗い場」、「専用トビラ」等が設置された「ペット共生型物件」です。

2.ペット可物件を探す時の注意点

ペット可物件を探す時は普通の賃貸物件を探す場合より事前に確認しておくべき注意点があります。次の点に注意が必要です。

➀ 飼えるペットの種類と数は物件により異なる

ペット可物件といっても飼える種類物件により異なります。

例えば

(1) 犬は飼えるがネコは壁をキズつけるからダメ。

(2) 犬・ネコは飼えるがは虫類はダメ

(3) 小型犬は飼えるが中型犬・大型犬はダメ

(4)1匹までは飼えるが2匹以上はダメ

飼えるペットの種類と数を不動産業者に確認しましょう。

② ペット可物件は初期費用が割高になる

ペット可物件は(1)退去後の消臭作業などのクリーニング、(2)ペットによる壁等のキズの修理等が必要になるため、契約時に支払うルームクリーニング代、預ける敷金が普通の物件より高くなります。また、家賃も普通の物件よりやや高めの場合が多いです。

③ 動物病院が近くにあるか

ペットが病気になったりケガをした時のことを考えて、近くに動物病院があるか確認しておきましょう。

3.ペット共生型物件がおすすめ

賃貸アパートでペットと暮らす場合

(1)  ペットの泣き声や臭いによる近隣入居者とのトラブル

(2) ペットを室内で飼うことによる床や壁のキズの発生

(3) 退去後のクリーニング費用の発生

 などの問題が発生するリスクがあります。そして、途中からペット可に切り替えた物件の場合これらのリスクに対応していない場合がほとんどです。

以上の問題点は最初からペットを飼育する前提で建てられた「ペット共生型物件」ならペットも飼い主も快適に暮らすことが出来ます。

ペット共生型物件には一般的に次のような設備があります。(物件により付いている設備は異なります)

➀ 足洗い場

大型犬など外での散歩が必須のペットには部屋を汚さないための必須の設備。

IMG_9167

② ドッグラン

犬を自由に遊ばせるスペースです。あると便利です。

IMG_5184

③ リードフック

手がふさがっている時、ペットを一時的につないでおくためのフック。玄関や共用部にある場合が多い。

IMG_6380

④ ペットくぐり扉

室内のドアを閉めていてもペットが自由に部屋を移動できる扉。

IMG_6374

⑤ キャットウォーク

ジャンプして飛び乗るのが好きなネコのためのものです。

01-2[1]

⑥ ペット対応クロス

ネコや犬の爪による引っかき傷や汚れに強いクロス仕様です。

 

4.ペット可物件に住む時の注意点

ペット可物件といっても住んでいる人がペット好きな人ばかりではありません。ペットアレルギーの入居者がいることもあります。近隣の入居者とトラブルなく暮らすために次ぎのことに注意しましょう。

➀ 近隣の入居者に必ず挨拶をする。

住む部屋の上下、左右は必ず引越の挨拶をしましょう。その時、「ペットがいる」ことも伝えましょう。事前に伝えておくことでクレームが格段に少なくなります。

② 共用スペースではペットを自由にさせない。

入居者の中には動物が嫌いな人もいます。以下の点に気をつけましょう。

1.犬を散歩させる時、共用スペースでは抱き抱える。

2.リードは出来るだけ短く持つ。

3.人が少ない時間帯に散歩をずらす。

4.ネコを外に連れ出す時は、ペット用キャリーゲージに入れ飛び出さないようにする。

③ フンの処理は自治体によって異なるので確認する。

燃やせるゴミで出すのか、生ゴミで出すのか確認する。

 

ペット可物件は こちら。

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報 | ペット可物件を借りる時、どこに注意したらいいの? はコメントを受け付けていません。