部屋探しのチェックポイント 入居者タイプ別

部屋探しのチェックポイント(入居者タイプ別)

IMG_6909

部屋探しの際、「家賃」、「間取り」、「広さ」、「設備」等の希望条件があると思います。さまざまな希望条件がある中で優先順位をつけて部屋探しをします。「部屋探しのときには重視していなかったが、実は重要だった」ことについてアンケート調査があります。調査結果は以下のとおりです。

1.部屋探しで重視すべきこと(一人暮らし編)

(部屋探しで重視したポイント)

1位   家賃        78.0 %

2位   駅からの距離            48.5 %

3位   間取り       43.5 %

(重視しなかつたが実は重要だったポイント)

1位   防音性(遮音性)   11.7 %

2位   日当たり      10.6 %

3位   周辺施設、環境    7.2 %

(主な声)

防音性 

「隣の話し声が丸聞こえ」(30歳・男性)

・上の階の物音や足音がよく聞こえるのでもっと調べておけばよかった」(34歳・女性)

日当たり 

  

 ・「日当たりは、気分も左右されるので重要だった」(30歳・女性)

・「日当たりが悪いので部屋がジメジメしてカビが生えやすい」(38歳・男性)

※ スーモが2017年9月22日~25日に全国の賃貸住宅に住む20~39歳の一人暮らしの社会人シングル200名にインターネットで実施したアンケート調査データより。

 

2.部屋探しで重視すべきこと(同棲編)

 (部屋探しで重視したポイント)

1位   家賃         83.0 %

2位   間取り        61.5 %

3位   駅からの距離     55.0 %

(重視しなかったが実は重要だったポイント)

1位   収納         13.4 %

2位   防音性(遮音性)     10.8 %

3位   日当たり                       8.1 %

(主な声)

収納

・「自分の物だけでなく、夫の物が予想以上にあり、収納は大事だと思った」(30歳・女性)

・「結婚生活も長くなると、どんどん物が増えてきて、収納場所がなくなってくる」(38歳・女性)

防音性

・「夜遅く2人で話すことが多く、かつ声が大きいので、隣の部屋に迷惑にならないためにも防音性の高さは重要だったかなと思う。 」(26歳・男性)

・「マンションに住んだのが初めてで、周りの生活音は思った以上に気になるものだと実感」 (31歳・女性)

※ スーモが2017年9月22日~25日に全国の賃貸住宅に住む20~39歳の社会人同棲カップルまたはINKS200名にインターネットで実施したアンケート調査データより。

 

3.部屋探しで重視すべきこと(子育て夫婦編)

 (部屋探しで重視したポイント)

1位   家賃         82.5 %

2位   間取り                        63.5 %

3位   駅からの距離               42.5 %

(重視しなかつたが実は重要だったポイント)

1位   収納         11.6 %

2位   防音性        11.6 %

3位   水回りの設備      6.6 %

     セキュリティー         6.6 %

(主な声)

収納

・「子どものものがどんどん増えて、部屋が物であふれかえっている」(37歳・女性)

防音性

・「子どもが生まれて、泣き声や暴れたときの足音など、筒抜けではないかと心配 」(29歳・女性)

・「子どもが飛んだり跳ねたりするため、防音性の高い構造かどうかは重要だった」 (32歳・男性)

※ スーモが2017年9月22日~25日に全国の賃貸住宅に住む20~39歳の社会人子持ち夫婦200名にインターネットで実施したアンケート調査データより。

4.まとめ

いずれの入居者タイプでも「部屋探しの段階では重視していなかったが実は重要だったポイント」として「収納」「防音性」があげられています。

1.「収納」については物件の見学の時、自分達の荷物の量と種類から、収納スペースが十分かチェックしましょう。

2.集合住宅で音の伝わりを遮断する遮音性能を要求される場所は「外壁」、「開口部・窓」、「内壁」、「床」です。建物の構造、間取り、仕様、立地等により音(騒音)の伝わり方は変わってきます。

3.「防音性」については物件情報の収集、物件の見学の際は以下の点に注意しましょう。

➀ 建物構造による床の遮音性能は一般的には「鉄筋コンクリート(RC)造」「鉄骨造」 在来木造の順に高くなっています。

② 隣の部屋と壁で接する部分が少なく部屋どおしが離れている中階段タイプか、また角部屋か確認しましょう。

③ 周辺に幹線道路、学校、幼稚園等の人が集まる場所が近くに無いか確認しましょう。

④ 過去に音のトラブルが無かったか不動産業者に確認しましょう。

関連記事

防音性(遮音性)の高い物件を探したいのですが、どこに注意したらいいの?

部屋探しのチェックポイント(家賃以外の入居後かかる費用の違い)

以上、部屋探しする際の参考にしてください。

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報 パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
沼田市不動産専門の永井

丸井不動産の永井です。
沼田市内の賃貸物件、売買物件情報を紹介しています。動画、パノラマ写真等で詳しい物件情報の紹介に努めています。また、部屋をお探しの方、オーナー様に役立つ情報の紹介もしています。
ご気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら