既存の減価償却資産(賃貸アパート等)に資本的支出をした場合の償却方法を教えてください。

既存の減価償却資産(賃貸アパート等)に資本的支出をした場合の償却方法。

IMG_4544

 賃貸アパート等既存の減価償却資産に資本的支出(固定資産の使用可能期間を延長または価額を増加させる部分に対応する支出の金額)を行った場合、その資本的支出は「減価償却」の方法により各年分の必要経費に算入することになりまます。

 資本的支出を行った場合、減価償却は以下のとおり行います。

1.平成19年3月31日以前に資本的支出をした場合

  資本的支出の金額をその減価償却資産の取得価額に加算し、その減価償却資産の種類、耐用年数及び償却方法に基づき、加算した資本的支出部分も含めた減価償却資産全体の償却を行います。 

2.平成19年4月1日以後に資本的支出をした場合

(原則)

(1) 資本的支出の金額を固有の取得価額として、資本的支出の対象資産である既存減価償却資産本体(旧減価償却資産)と種類及び耐用年数を同じくする新たな減価償却資産(追加償却資産)を取得したものとして、その種類と耐用年数に応じて償却を行います。

(2) 旧減価償却資産については、この資本的支出を行った後においても、現に採用されている償却方法による償却を継続して行います。

 (その償却資産について定率法を採用している場合は)

(1) 平成19年4月1日から平成24年3月31日までの間に行われた資本的支出は、250%定率法(定額法の償却率を2.5倍した償却率による定率法)で償却します。

(2) 平成24年4月1日以後に終了する事業年度において、同日以後に行った資本的支出は、200%定率法(定額法の償却率を2倍した償却率による定率法)で償却します。

 

(特例)

(1) 平成19年3月31日以前に取得した減価償却資産に資本的支出をした場合

 その資本的支出を行った旧減価償却資産の取得価額に、その資本的支出の金額を加算して償却する方法も認められています。この場合、旧減価償却資産の種類、耐用年数及び償却方法に基づいて、加算した資本的支出した価額も償却します。

(2) 定率法を採用している減価償却資産に資本的支出をした場合

 資本的支出を行った翌年1月1日に旧減価償却資産の期首未償却残高追加償却資産の期首未償却残高合計額を取得価額とする新たな減価償却資産を取得したものとして償却することができます。

(3) 定率法を採用し、同一年中に複数回の資本的支出をした場合

 上記(2)の適用を受けない場合、追加償却資産のうち、翌年1月1日において、種類、及び耐用年数が同じくするものの期首未償却残高の合計額を取得価額とする新たな減価償却資産を取得したものとして償却することができます。

 

関連記事

修繕費か資本的支出(減価償却費)かの判定はどうするの?」 

「外壁塗装工事費は修繕費それとも減価償却費?」

 

カテゴリー: 税務 パーマリンク
この記事を書いた人
沼田市不動産専門の永井

丸井不動産の永井です。
沼田市内の賃貸物件、売買物件情報を紹介しています。動画、パノラマ写真等で詳しい物件情報の紹介に努めています。また、部屋をお探しの方、オーナー様に役立つ情報の紹介もしています。
ご気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら