契約時初期費用は何がいくらかかるの?

契約時初期費用は何がいくらかかるの? 

2-12[1]

賃貸借契約を結ぶ時には家賃以外に契約の時にだけかかる費用があります。物件によって違いますが、どんな費用 がかかるか主なものを説明します。

1.契約時にかかる初期費用(連帯保証人を付ける場合)

前家賃

入居する最初の月の家賃です。これはどの物件でもかかります。フリーリントが付いている物件でも家賃が発生する最初の月の家賃を契約時に支払います。

敷金

 賃料の支払い、その他賃貸借契約上の債務を担保するため貸主が預かる預り金です。明け渡しの際、借主に債務不履行がある時はその弁済に充当され、残額が返還されます。沼田市では1ケ月の場合が多く、最近では無しの物件も増えています。

ルームクリーニング代

敷金を預からないかわりに、ルームクリーニング代を契約時に定額で支払う契約がふえています(退去時にはかかりません)。金額は間取りにより2万円(1K)~5万円(2LDK、3DK)です。

礼金

 貸主に住まいを貸してもらう謝意を表すものとして支払われるお金です。退去する時に戻ってきせん。地の取引慣習、周辺の市場動向により変わります。最近は「礼金なし」の物件がほとんどです。

共益費

 階段、廊下等の共用部分の維持管理に必要な光熱費、清掃費用、浄化槽の管理費用等に当てるたの費用です。金額は物件により異なり1500円~5000円位です。物件によりこれらの費用を家賃に込みにしている物件もあります。

駐車料金   

  家賃とは別に駐車料金がかかる物件があります。料金は1台2,000円~3,000円位です。賃の中に含まれているのか確認しましょう。

町内会費 

  

  物件がある地元町内に支払うお金です。金額は月額400円~800円位です。また、地区によ年一括払いの場合もあります。

家財総合保険料 

  入居中に火災、水漏れ、破裂爆発、盗難等の突発的な事故により、借りている部屋を損壊させしまった場合、借主は貸主に対して損害賠償責任を負います。そのため加入を義務付けている物件が殆どです。加入する保険会社、保証限度額により異なりますが10,000円~20,000円位です。通常2年で加入します。更新時にはまた保険料がかかります。

仲介手数料 

 

  不動産会社に支払うお金で家賃の1ケ月分+消費税が上限です。仲介会社と元付け会社(管理会社)が入っている物件でも、借主が支払う仲介手数料の総額は家賃の1ケ月分+消費税が上限で変わりません。

2.契約時にかかる初期費用(保証会社の賃貸保証を付ける場合)

連帯保証人の代わりに借主の債務を担保するために、保証会社の賃貸保証を付けてもらう物件が最近増えています。その場  合、上記費用のほかに「保証料」がかかります。保証料は保証会社、加入プランにより変わってきます。丸井不動産で採用している「ジェイリース株式会社」の場合は以下のとおりです。

(保証料一括支払い型) 

一括保証料  月額総賃料の80%

(保証料毎年支払い型)

初回保証料  月額総賃料の50%(最低保証料20,000円) 

継続保証料(2年目以降) 1年毎に10,000円

(保証料毎月支払い型)

初回保証料  月額総賃料の50%(最低保証料20,000円)

月額保証料  800円

(保証料毎月毎年支払い型)

初回保証料  月額総賃料の30%(最低保証料15,000円)

継続保証料(2年目以降) 1年毎に10,000円

月額保証料  500円

3.まとめ

契約時にかかる主な初期費用は上記のとおりです。ただし、物件によりかかるものは異なります。よく確認しましょう。また、契約時初期費用だけでなく、月々の費用も家賃だけなのか、家賃のほかに「共益費」、「駐車料金」、「町内会費」、「月額保証料」等かかるものはないのか確認しましょう。契約時にはかかりませんが、更新時に「更新料」がかかるかも確認しましょう。

 

関連記事

部屋探しのチェックポイント(家賃以外の入居後費用)

 

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報 パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
沼田市不動産専門の永井

丸井不動産の永井です。
沼田市内の賃貸物件、売買物件情報を紹介しています。動画、パノラマ写真等で詳しい物件情報の紹介に努めています。また、部屋をお探しの方、オーナー様に役立つ情報の紹介もしています。
ご気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら