退去に必要な手続き

退去する場合に行う手続き

129840_main-400x250[1]

契約満了時または、契約期間中退去することになったら契約書でいつまでに解約申し入れをしなくてはいけないのかどのような方法で申し出ををする必要があるのか確認しましょう。

 

1.引っ越しが決まったらすぐやること

 退去することが決まったら、不動産会社または貸主に解約の申し出の電話連絡をしましょう。契約により所定の「退去届」がある場合は退去届けを提出しましょう。ない場合はどのような方法でやるのか確認しましょう。

 解約申し出の時期は退去の1ケ月前までにするのが一般的です。 

        

2.引っ越し1~2週間前までにやること

引っ越し日が決まったら不動産会社に連絡して、退去立ち会い日時を決めます。

引っ越し会社の手配

荷物の整理

各種住所変更や届け出(銀行、学校、職場、クレジットカード)

住民票の移動(転居・転出)手続き

郵便物の転送手続き(スマホから出来ます)

関連記事

引っ越しが決まったら郵便局「転居・転送サービス」の届出をしよう!

電気、ガス、水道の精算手続き

 

3.引っ越し当日にやること

 不動産会社または貸主立ち会いで室内の状況を確認します。借主が原状回復しなければいけない内容、範囲がないか確認します。

 かぎを返却し部屋を明け渡します。その際、電気、ガス、水道等の精算を済ませておきましょう。

 大家さん、近隣への挨拶。

 

4.明け渡し後やること

 明け渡し後、借主に 原状回復工事費用が発生している場合は敷金から精算した上で返還されます。

 不足額がある場合または、敷金を預かっていない場合は負担額を貸主に支払います。

 退去後すぐに敷金が返還されるわけではないので注意しましょう

 

関連記事

沼田市内で引っ越すときは転居手続きをしよう

沼田市内から引っ越すときは転出手続きをしよう

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報 パーマリンク

この記事を書いた人
沼田市不動産専門の永井

株式会社丸井不動産 代表取締役 永井英夫
・宅地建物取引士
・不動産コンサルティングマスター
・賃貸不動産経営管理士
・賃貸住宅管理業法に基づく業務管理者
・少額短期保険募集人
沼田市内の賃貸物件の募集、管理をしています。
動画、パノラマ写真等で詳しい物件紹介に努めています。
また、HPの不動産ブログで部屋をお探しの方、オーナー様に役立つ情報も紹介しています。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら