不動産広告の見方 注意点

不動産広告を見る時の注意点

IMG_0395

不動産広告には消費者保護を目的とし、その表示方法についていくつかの規制があります。➀宅地建物取引業法による規制と公正取引委員会の認定を受けた業界の自主規制である②「不動産の表示に関する公正競争規約」(以下「表示規約」)による規制です。

 

不動産広告の基本的な規約

宅地建物取引業法」では誇大広告の禁止広告開始時期の制限などが定められています。また、表示規約」では「不動産広告に表示しなければならない事項」「表示する際の基準」が定められています。以下、基本的な規約について見ていきましょう。

img5_2_1[1]

1.所在地

新聞、雑誌広告などでは地番は省略されることがあります。地番とは登記記録(登記簿)に表示された地番のことで、一般的に使われる住居表示の番号とは異なる場合があります。

2.駅等までの距離

徒歩による所要時間は、駅からの道路距離80mを1分(端数切り上げ)として計算します。信号の待ち時間や歩道橋の上り下り、坂道、道路の横断などにかかる時間は考慮されていません。

3.専有面積

㎡単位で延べ床面積が表示されます。バルコニーや室内の天井を高くして2層式にした屋根裏収納(グルニエ)などは面積に入りません。

4.間取り

間取りを表す場合、2LDKなどの表示がよく使われます。数字居室の数を表し、リビングダイニング、キッチンを表します。建築基準法では居室には採光や換気のための一定の開口が必要と定められているので、それを満たさない部屋は納戸()やサービスルーム()と表示されます。また、部屋の広さを示す1畳は1.62㎡以上で換算すると定めています。

5.構造と階数、賃貸戸数

賃貸住宅の建物の構造としては鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)鉄筋コンクリート造(RC造)鉄骨造(S造)、軽量鉄骨造、木造などがあります。SRC造、RC造、S造はマンション、その他の構造はアパートと呼ばれています。一般的にはマンションのほうが耐火性、耐震性、遮音性が高いといわれています。

階数については建物全体の階数該当する住戸の階数が記載されています。

6.建築年月

建物が竣工した年月が表示されます。 まだ入居者が入居していない物件でも建築後1年以上経過していると「中古」と表示されます。

7.賃料、礼金、敷金など

毎月支払わなくてはいけない賃料のほか、「礼金」、「敷金」など必要な場合は、その旨その額が記載されます。「敷金」について退去時に一部が返還されないことが契約の条件である場合は、その旨とその額または割合が記載されます。

8.管理費(共益費)

賃料以外に管理費(共益費)が必要な場合、その額が記載されます。

9.損害保険加入の有無

住宅総合保険等の損害保険への加入が条件となる場合、その旨が記載されます。

10.駐車場の利用条件

駐車場がある場合、月額の駐車場利用料などの利用条件が記載されます。

11.定期建物賃貸借契約かどうか

定期建物賃貸借契約である場合は、その旨と契約期間が記載されます。

関連記事

普通借家契約と定期借家契約の違いと特徴は?

12.取引態様

広告を掲載している不動産会社の立場(取引態様)が必ず明示されます。不動産会社の取引態様によって、仲介手数料などの取り扱いが変わります。

関連記事

取引態様が違うと何が違うの?

媒介(仲介)

広告主である不動産会社が、「貸主」と「借主」の間に立って契約を仲介します。

代理

広告主である不動産会社が、「貸主」の代理人として契約します。

貸主

広告主である不動産会社が、自ら所有する物件を直接貸します。

13.免許番号

不動産会社名と免許番号が記載されます。不動産取引(宅地建物取引業)に必要な免許を受けているかどうか確認しましょう。(  )内の数字は 免許の更新回数を表し、数字が大きいほど営業年数が長いことを表します。

14.取引条件の有効期限、情報更新日時等

賃貸物件は売買物件に比べると短期間で決まることが多く、条件のよい物件は早く入居が決まる傾向があります。取引条件の「有効期間」「情報更新日」を確認しましょう。

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報 パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
沼田市不動産専門の永井

丸井不動産の永井です。
沼田市内の賃貸物件、売買物件情報を紹介しています。動画、パノラマ写真等で詳しい物件情報の紹介に努めています。また、部屋をお探しの方、オーナー様に役立つ情報の紹介もしています。
ご気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら