家具・家電付き賃貸物件を借りるメリット、デメリット、注意点

家具・家電付き賃貸物件を借りるメリット、デメリット、注意点

request[5]

仕事の都合で短期間賃貸物件を借りたい場合、家具・家電を揃えるのは費用がもったいないと感じる人もいると思います。家具・家電付き物件は新生活をスタートする際の初期費用を抑える一つの選択肢です。家具・家電付き賃貸物件を借りるメリット、ディメリットについてまとめてみました。

1.家具・家電付き賃貸物件とは

家具・家電付き賃貸物件はあらかじめベット、テレビ、エアコン、机(テーブル)、照明、カーテン、洗濯機、冷蔵庫、コンロ、電子レンジ等が備え付けられています(物件により付いている家具、家電は異なります)。間取りは単身者向けのワンルームが多いです。

request[5] (3)

ベット

request[2] (3)

テレビ、エアコン、カーテン

request[5]

机(テーブル)

照明

request[1] (2)

コンロ(ラジエントヒーター)

request[1]

洗濯機

request[6] (2)

冷蔵庫、電子レンジ

 2.家具・家電付き賃貸物件のメリット

家具・家電付き賃貸物件を借りた場合、次のメリットがあげられます。

➀ 初期費用が節約できる

家具・家電付きの場合、新生活をスタートする際、揃えなければいけない家具・家電を揃えなくても済むので、初期費用が節約できます。

② 手軽に新生活がスタートできる

家具・家電付きの場合、自分で家具・家電を買い揃え、部屋に設置する必要が無く。入居した日から快適な生活をスタートすることが出来ます。

③ 引越が楽

家具・家電付きの場合、家具・家電を選び、運搬、設置する必要がないので、その時間、労力、引越費用を節約できます。引越の荷物も自分の身の回りのもものだけで済むので引越が楽です。

3.家具・家電付き賃貸物件のディメリット

一方、家具・家電付き賃貸物件を借りた場合、次のディメリットがあげられます。

➀ 自分好みの家具・家電を選べない

備え付けですので自分好みの家具や家電を選ぶことはできません。その点は自分の希望があっても抑えなければいけません。しかし、注意したいのは備え付けのベットの大きさと固さが自分に合っているかは、現地見学の際に見落とさないようにしましょう。入居後の睡眠、休息に影響してきます。

② 一度他人が使った家具・家電(中古品)である

備え付けられている家具・家電は新築物件でない限り、一度他人が使った中古品を使うことになります。他人が一度使ったものに抵抗感がある方にはおすすめ出来ません。

③ 家賃は高めである

家具・家電が備え付けになっているため、その分、家賃が高めの設定になっています。自分で家具・家電を揃えた場合にかかる費用と、家賃が高くなる分を入居期間で比較検討することをおすすめします。

4.家具・家電付き賃貸物件を借りる時の注意点

以上のメリット、ディメリツトのある「家具・家電付き賃貸物件」ですが次の点に注意しましょう。

➀ 備え付けられている家具・家電は物件により異なります。

何が付いていて何を自分で用意しなければいけないか確認しましょう。

② 備え付けの家具・家電が故障した場合、その修理費用は貸主、借主どちらの負担になるのか契約前に確認しましょう。

一般的には通常使用による故障の場合は貸主負担。借主の故意、過失による故障の場合は借主負担です。

③ 入居予定期間を考慮して家具・家電付き賃貸物件がいいのかどうか検討しましょう。

入居期間が短い場合、自分で家具・家電を揃えるより家具・家電付きの部屋を借りたほうが費用を抑えることが出来ます。家具・家電付き賃貸物件のメリット、ディメリットも考慮してどちらがよいか検討しましょう。

 

5.沼田市内の家具・家電付き賃貸物件は

こちら。

 

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報 パーマリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
沼田市不動産専門の永井

丸井不動産の永井です。
沼田市内の賃貸物件、売買物件情報を紹介しています。動画、パノラマ写真等で詳しい物件情報の紹介に努めています。また、部屋をお探しの方、オーナー様に役立つ情報の紹介もしています。
ご気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら