部屋探しのコツ、,物件タイプ別チェックポイント

部屋探しのコツ(物件タイプ別)

 

1.家具・家電付き物件

(1) 家具・家電付き賃貸物件とは

家具・家電付き賃貸物件はあらかじめベット、テレビ、エアコン、机(テーブル)、照明、カーテン、洗濯機、冷蔵庫、コンロ、電子レンジ等が備え付けられています。

(2) 家具家電付き物件のメリット

家具・家電付き賃貸物件を借りた場合、次のメリットがあげられます。

➀ 初期費用が節約できる。

② 手軽に新生活がスタートできる。

③ 引越が楽。

(3) 家具家電付き物件のデメリット

家具・家電付き賃貸物件を借りた場合、次のディメリットがあげられます。

➀ 自分の好みの家具・家電を選べない。

② 一度他人が使った家具・家電(中古品)である。

③ 家賃は高めである。

(4) 家具家電付き物件を借りる時の注意点

➀ 備え付けられている家具・家電は物件により異なります。

② 備え付け家具・家電が故障した場合、その修理費用は貸主・借主どちらの負担になるのか契約前に確認する。

③ 入居予定期間を考慮して家具・家電付き賃貸物件がいいのかどうか検討する。

 

詳しい内容は

こちら 家具・家電付き賃貸物件を借りるメリット、デメリット、注意点

 

2.インターネット無料物件

(1) インターネット対応物件と完備物件の違い

➀ インターネット対応物件とは

アパートやマンションの共用部分まで回線工事が済んでいる物件です。

② インターネット完備物件とは

インターネット対応の状態に加え、すでにプロバイダとの契約が済んでいる物件です。

(2) インターネット無料物件のメリット

➀ 月々のインターネット使用料がかからない。

② 回線工事(プロバイダとの契約)不要で入居した日からインターネットが使える。

③ 解約時の違約金がかからない。

(3) インターネット無料物件のデメリット

➀ 回線速度が遅いことがある。

② セキュリティーが万全でない場合がある。

③ プロバイダを選べない。

④ 近隣の家賃相場に比べ高い場合がある。

 

詳しい内容は

こちら インターネット無料の賃貸アパートを借りる時の注意点!

 

3.ペット可物件

 

(1) ペット可物件の種類は二種類

入居促進を図るため「 途中からペット可にした物件」と建築する時からペットと共生できるように「足洗い場」、「専用トビラ」等設置された「ペット共生型物件」です。

(2) ペット可物件を探す時の注意点

➀ 飼えるペットの種類と数は物件により異なる。

② ペット可物件は初期費用が割高になる。

③ 動物病院が近くにあるか。

(3) ペット共生型物件がおすすめ

賃貸アパートでペットと暮らす場合、

➀ ペットの鳴き声や臭いによる近隣入居者とのトラブル。

② ペットを室内で飼うことによる床や壁のキズの発生。

③ 退去後のクリーニング費用の発生。

などの問題が発生するリスクがあります。

以上の問題点は最初からペットを飼育する前提で建てられた「ペツト共生型物件」ならペットも飼い主も快適に暮らすことができます。

詳しい内容は

こちら ペット可物件を借りる時、どこに注意したらいいの?

 

カテゴリー: 部屋さがしお役立ち情報 パーマリンク

この記事を書いた人
沼田市不動産専門の永井

株式会社丸井不動産 代表取締役 永井英夫
・宅地建物取引士
・不動産コンサルティングマスター
・賃貸不動産経営管理士
・賃貸住宅管理業法に基づく業務管理者
・少額短期保険募集人
沼田市内の賃貸物件の募集、管理をしています。
動画、パノラマ写真等で詳しい物件紹介に努めています。
また、HPの不動産ブログで部屋をお探しの方、オーナー様に役立つ情報も紹介しています。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら